Syndicates

The Virtual Technology Cluster Group Syndicate

「技術移転」ビジネスで急成長のVTCグループへの投資機会

  • 被投資会社:The Virtual Technology Cluster Group
  • 種類:ローンノート
  • 本部所在地:イギリス

VTCグループって何?

VTCグループは成長の触媒です。中小企業が多国籍企業のサプライチェーンにアクセスできるようにします。

当社のモデルは、先駆的な中小企業と既存の大企業が、「死の谷」を越えて変革を推進すべく、協力して推進する方法に革命をもたらしました。 – この深い溝は、ビジネスを創造し成長するためには、新しいビジネスアイデアが克服しなければなりません。

当社のサービスおよびコーポレートアドバイザリープラットフォームは、富の創造に焦点を当てています。 4つの主要なビジネス機能を通じて、企業、中小企業、政府、大学、アクセラレータと協力し、技術移転プロセスを刷新します。

1)Virtual Technology Clusters:バーチャルエコシステムとネットワーキングイベントを使用して、企業スポンサーと中小企業の間のビジネス創造を推進します。私たちは現在、下記2件のVTC があり更に増やす計画です。

  • The Leidos Cyber Security VTC は、Leidos、Unilever、Dell EMC 、PA Consultingがスポンサーです。世界400社から90人のメンバーで構成され、中小企業会員に収益機会、ネットワーキングイベント、仮想エコシステムを提供しています。
  • The Deloitte Healthcare VTC は、NHS(国民保健サービス)の技術導入を加速するため、2016年12月に開始しました。このVTCは、大学のプロジェクトからスタートアップ、中小企業、上場企業、商業パートナーシップと投資の機会を持つ公的企業に至るまで、デジタル化を進めるヘルスケア提供者の要望に基づいてメンバーを提供します。

2)政府と企業の契約:VTCグループは、イノベーションと成長を加速するルートと方法で政府を支援することができます。当社は現在、多数の契約に入札しており、今後数週間にわたってこれらの結果を発表することができます。また、世界の製薬会社から、社内の課題を解決する革新的なテクノロジー対応ソリューションを見つけるプロジェクトを指示されています。

3)VTCキャピタル:2017年に開始予定のVTCキャピタルは、積み重ねた経験とチームの深い技術知識を活用して、資金調達力、投資家との繋がりを提供し、中小企業の成長を促進することを目指す。VTCグループは、VTCキャピタルの株主になる予定です。

4)特別プロジェクト:私たちの専門知識は、イノベーションへのアクセスや資金へのアクセスに関する特定の問題を解決するためにしばしば声がかかります。たとえば、大手製薬企業と協力して、イノベーターのエコシステム(現在は200)を構築し、その技術が医薬品会社内の既存のITシステムの展開をサポートできるようにしています。この「プライベート」プロジェクトは、クラスタモデルと同様にVTCグループ内の経営幹部のスキルに基づいて、お客様に最適なソリューションを提供しています。

VTCグループが重要な理由

アナリストのFrost&Sullivanによると、世界中で開発された5つ以上の技術のうち、4つ以上が商業的な世界には決して到達しないということです。 技術移転プロセスにおけるすべてのステークホルダーの経済的利益のためにイノベーションを促進し、株主にとっての価値を創造することは私たちの使命です。

VTCグループの発足

2015年に、テクノロジーエコシステムのさまざまな経験を持つ人々が集まり結成されました。中小企業が、「死の谷」を横断する際に直面する課題を克服する手助けをすべく、情熱を共有しています。私たちは、起業家、中小企業、企業、政府、大学のいずれかが機会を商業化し、成長資金を見つけ、その目的を達成するのを手伝ってきました。

Cyber Security VTCのアイデアは、グローバルな防衛会社が、Boutique Technology Merchant Bankの再興パートナー会長 Ken Olisa に話を持ちかけてきたときに作られ、彼らは問題を解決し、中小企業をサプライチェーンに引き付けるのを助けるように要請しました。私たちは、さまざまなやり方で仕事をするチャンスと会いました。

私たちの総合的な視点から、他と差別化される4つの重要な経験領域があります。最初の3つは起業家、中小企業、大企業と協力する専門知識を必要とします。:これらを効果的に持ち入れるためには、技術と献身が必要です。第4は、中小企業の行脚の重要な部分に資金を提供していますが、これはしばしば売上のない企業にとっては非常に困難です。我々はこのプロセスを単純化しようと考えており、最終的に中小企業は雇用創出とGDP成長に貢献するものと信じています。

当社のビジョン – 企業のスポンサーがイノベーターとつながり、顧客のニーズをより迅速に解決できるソリューションを提供するコラボレーションプラットフォームとなることです。 これは、生態系のすべての参加者の繁栄を進めるために、イノベーションと成果が結びつくより良い未来と定義します。

当社の目標 – 2020年までに6つの仮想テクノロジークラスターを構築することを含む4つのビジネス分野の拡大です。政府のアドバイザリー能力を強化し、パートナーとなるPA Consultingと更なる契約を獲得します。 2017年には、VTCキャピタルの設立と立ち上げを支援します。

VTCグループモデルの証 – Lockheed Martin(現在のLeidos)Cyber VTCの設立以来、過去24ヶ月間に8つのインパクトを達成し、リードスポンサーのROIが1000%を超えています。並びに、「スポンサーレディ」とみなされるメンバーシッププールの4分の1以上を、すなわち入札または有料プロジェクトに含めるのに適しています。

当社は、26名のプロフェッショナルサポートスポンサー、10名の相互パートナーを集め、15のワークショップ、セミナー、会議を開催しました。

当社は、Digital Catapultのサイバーセキュリティー・ブートキャンプ即ちCyber101をサポートするための最初の政府契約も獲得しました。

スポンサーとVTCメンバーの言葉

Leidosのエンジニアリング&テクノロジーシニアマネージャーJohn Plumb氏 – VTCグループとLeidosは、業界、学界、投資コミュニティを取りまとめました。VTCグループは、私たちのために、小規模で専門的な事業に、既製の資本、プロフェッショナルサービス、およびサプライヤーのエコシステムへのアクセスを提供してきました。このような重層的な措置により、イギリスの中小企業(SME)はDell/EMC、Unilever、PA Consulting、Leidosなどの大企業と取引することができます。 その結果、私たち(大企業)は、成長支援と知識共有、経験、アイデアの恩恵を受けることができます。

Elliot Rose、PA Consultingのパートナー – PAは最も困難な業界で、革新的なサイバーソリューションをお客様に提供する豊富な経験を持っています。VTCに参加することで、お客様に革新的で効果的なサイバー機能を継続的に開発することができます。また、急速に変化するサイバー環境がもたらす問題の潜在的な新しいソリューションを探求するのにも役立ちます。

Mike Nayler、Dell EMCの防衛・セキュリティ部門ディレクター – グローバルなビジネス・イネーブラーとして、私たちは常に顧客中心の活動に組み込むことができる革新的で新しいアイデアを社内外に求めています。私たちは、バーチャル・テクノロジー・クラスターのアイデアや、発足以来の目覚ましい進歩に感動しました。そして、ライドスVTCの共同スポンサーとして活躍することに興奮しています。

Francis Washington, Osirium – VTCは、イギリスのPAM(Privileged Access Management)の先駆者であるOsiriumに、エコシステム内でネットワークを構築し、コンサルタントが成長企業を支援する優れた機会を提供します。

また、セキュリティ上の弱点を解決しようとしている大企業スポンサーの主要な連絡先相手と会う機会を提供し、革新的な特権アクセス管理(PMA)ソリューションで解決します。

さらに、VTCの関係により、OsiriumはNATOのサイバーイノベーションアワードに入札して勝利し、イギリス国内の国家インフラストラクチャセキュリティ専門家に会うことができました。

市場機会と競合

確立された大企業は常に、何十年にもわたって進化して来たバリューチェーンを破壊する多くの起業家のビジネス勢力から攻撃に曝されています。

ワシントン大学のJohn M. Olin School of Businessの調査によると、今日のフォーチュン500社の40%は10年後には存在しないと推定しています。2000年以降、フォーチュン500社の社名の52パーセントが、合併、買収または倒産の結果として消滅しました。これはデジタルビジネスが生んだ市場破壊が招いた結果です。

「新しい創業者や新しい顧客を創出している非伝統的な競争相手だから、誰でも、最小規模のスタートアップでも、大規模なFortune 500企業を追い抜くことができます」

  • 電信インフラを持たない電話会社(Skype)
  • 実際の現金を持たない最も急成長している銀行(SocietyOne)
  • タクシー車両を持たない世界最大のタクシー会社 (Uber)
  • ホテル施設を持たない最大のホテル経営者(Airbnb)

競争とそれに対処する方法

当社が解決している問題

VTCモデルは強制的な第三の方法を提案します。VTCモデルは魅力的な第3の方法を提供します。 それは、起業が成功する、失敗する、または、大会社が成功する、失敗するなど、二者択一を必要としないのです。

私たちは、最も有望なイノベーターを慎重に惹きつけて選び出し、それと共同して働く企業から来ると考えています。適切なイノベーターとの関係を築く能力、そして彼らを競合相手から遠ざけるプロセス- これによってイノベーションが結果として斬新的なものと大変革を起こすものとに差別化されます。

その秘密はキュレーションされたコラボレーションであり、強力で対等な同盟です。

組織は、プロセス、規模、順序、およびルーチンのために設計されています。これはイノベーターにとって不愉快な環境を作り出します。

イノベーションが繁栄し、成功を収めるには、企業プロセスの障壁から離れて、イノベーションが同じである必要があります。 企業買収からオープン・イノベーションまで、さまざまなイノベーションプログラムが作成されています。しかし、これらは小規模で個別の成功であり、イノベーターと企業の間の継続的な関係構築の対話を考慮していません。

VTCグループは、収益の流れと成長を高め、選択されたイノベーターがマーケットに適応し先取りすることを可能にするマーケット・ソリューションへのスピードを提供します。

収益化の方法

各クラスターの主スポンサーおよび共同スポンサーは、クラスターの作成および実行に資金を提供するためにVTCグループのスポンサーシップ料金を支払います。

収入の増加は、より多くのVTCを創出し、さらなる企業スポンサーを引き付けることによってもたらされます。また、VTCグループは、スポンサーとVTCメンバーとの間のインパクト時に成功報酬を受け取ります。インパクトとは、スポンサーがVTCメンバーに譲渡した収益として定義されます。

政府の契約は2017年の収益にも貢献します。パートナーのPAコンサルティングで既に入札書を提出しており、VTCグループへの潜在的価値は500,000ポンドです。

VTCキャピタルは、資金調達およびアドバイザリーサービスの提供を開始する予定です。当社は、この部分の事業から大幅な収入増を加速するに理想的に位置づけられていると信じています。

VTC Group Syndicateに投資する理由

VTCグループは、成長のためのプラットフォームを創り出しており、2017年にはオペレーショナル・メリットを達成することを目標としています。当社は信じて当社の評価目標を達成すべく、収益目的会社として投資家の利益のために時間をかけて配当増額の目標を、または、中期的には会社の上場または売却の目標を達成すべく事業に邁進します。

 

このページは、Funderbeamウェブサイトに掲載されているキャンペーンページを日本語に翻訳したものです。
注意:誤訳のないようチェックを行っておりますが、内容の相違や誤訳により損害等が生じた場合でも、Funderbeam及び投稿者、情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。誤訳等がある場合、ご指摘いただけると幸いです。
This page is a translation of the company profile of each investment destination on the “INVEST” page of the Funderbeam website.
Notes: We do checks to avoid mistranslation, but Funderbeam, contributors and information providers are not responsible for any damage, etc. caused by the content of translation. All decisions concerning investment should be made at the discretion of the user himself. If there is a mistranslation etc., We will be pleased if you can pointing out.

注意:当ウェブサイトは、Funderbeamマーケットに関する情報提供を目的としています。なお、Funderbeamからの作成・検証はございません。
Notes:This website is aimed at providing information about Funderbeam’s marketplace. This page is not created or verified by Funderbeam.