Syndicates

Sportlyzer Syndicate

Sportlyzerは、若年層やアマチュアスポーツ市場において、彼らが常に必要とするソフトウェアで打ち勝つための資金を調達しています。

  • 被投資会社:Sportlyzer
  • 種類:ローンノート
  • 本部所在地:エストニア

Sportlyzerって何?

Sportlyzerは、若年層やアマチュアスポーツクラブ向けのチーム管理ソフトウェアです。

私たちは、シードキャンプの会社で、最近はロンドンの2016年スポーツテクノロジー賞でマネージャーとコーチのための最優秀技術賞を受賞しました。

「Sportlyzerは、私がスポーツクラブの管理に要する時間を大幅に節減させてくれました。 それについて学ぶほど、それが好きです」

Jaime López Martínez, Atlético Bornense

問題点

青少年やアマチュアスポーツクラブのコーチは、アスリートと多くの情熱を持って仕事をしています。

彼らはトレーニングで非常に専門的ですが、しばしば管理面では非常に非効率なことがあります。彼らは非効率的なツール(紙、Excel、Eメールなど)を使用して、常にマルチタスキングしています。

これは彼らの貴重な時間を無駄にし、アスリートへの注目度を損なうことに繋がります。

ソリューション

Sportlyzerは、すべてのアスリートを編成し、トレーニングスケジュールを共有し、関連するすべてのコミュニケーションを自動化できるシンプルなソフトウェアサービスを提供します。 節約された時間の量は重要です。

これにより、コーチはコーチングに集中し、トレーニングの質を向上させ、健康的なライフスタイルで子供を育てることができます。

詳細なシンジケートの説明については、「ドキュメント」のサブセクション(シンジケートメンバーは利用可能)のSportlyzerスライドデッキをご覧ください。

2016年スポーツテクノロジー賞

Sportlyzerは、スポーツテクノロジー賞2016でマネージャーとコーチのための最優秀技術部門に選ばれました。

Sportlyzerは、NBA、Fox Sports、BBC Get Inspired、SAP、WTAのような他のカテゴリーの受賞者と同じラインにあることを光栄に思います。

Sportlyzerがエストニア国営テレビに

エストニアの国営テレビは、国際スポーツ技術賞を受賞した後、私たちと一緒にプログラムを作りたがっていました。しかし番組では、単にSportlyzerについてのみ話をするだけでなく、Sportlyzerを積極的に採用しているスポーツクラブを訪問することにしました。

もし、エストニア語を理解している場合は、ビデオを見て、バスケットボールクラブが当社のソフトウェアをどのように使用しているかをご覧になることをお勧めします。

当社の市場

大衆スポーツは、その参加人数の点で最大のニッチ市場です。ヨーロパのみでも110万の大衆スポーツクラブがあって、2億3,000万人が参加しています。

スポーツコーチング技術プラットフォームの市場は、初期段階であり、年間50%の成長を遂げています。この成長は、スマートデバイスやモバイルインターネットの存在、プロのスポーツにおける技術活用の勃興によって後押しされています。

Sportlyzerは、この市場での主要プレーヤーになるための非常に良い立場にあります。

  • 強力なチーム
  • 供用製品の準備あり
  • 当社は30カ国以上に収益を出しているクラブ、オンラインでの新規顧客確保手段を保有
  • 現在までに、100カ国以上17,000クラブと契約済み(内12,000クラブは過去6か月中に契約を締結)

登録クラブ

月間経常収益

長期戦略

当社は、合理的な価格のクラブ管理ソフトウェアで市場に入り込みます。その後、料金・Eコマース・スポンサー料から収益ストリームを追加します。

そして最終的に、大衆スポーツへ参加している大きな人口に興味を惹かれる多くの大物 Salesforce、Worldpay、Nike、Infrontは、それぞれ異なるセクターから名を挙げています。

大手スポーツブランドは、デジタル戦略を達成するためにスタートアップを買収し始めました。たとえば、Under Armorは、MyFitnessPal(8000万ユーザー)を4.75億米ドル、MapMyFitness(3000万ユーザー)を1.5億米ドル、Endomondo(2000万ユーザー)を8,500万米ドルで買収しました。

アディダスはRuntasticの50.1%(4000万ユーザー)を1.19億米ドルで買収しました。

投資金の用途

この投資金は、新しいレベルで製品を開発し、ヨーロッパから35,000のスポーツクラブと契約を交わし、2016年末までに、20,000ユーロ以上の MRR(月間経常利益)を達成するために使用します。

私たちのチーム

私たちのチームは、スポーツ・エンジニアリング・ビジネスを結合し、いくつかのスポーツテクノロジープロジェクトで協力してきました。

 

このページは、Funderbeamウェブサイトに掲載されているキャンペーンページを日本語に翻訳したものです。
注意:誤訳のないようチェックを行っておりますが、内容の相違や誤訳により損害等が生じた場合でも、Funderbeam及び投稿者、情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。誤訳等がある場合、ご指摘いただけると幸いです。
This page is a translation of the company profile of each investment destination on the “INVEST” page of the Funderbeam website.
Notes: We do checks to avoid mistranslation, but Funderbeam, contributors and information providers are not responsible for any damage, etc. caused by the content of translation. All decisions concerning investment should be made at the discretion of the user himself. If there is a mistranslation etc., We will be pleased if you can pointing out.

注意:当ウェブサイトは、Funderbeamマーケットに関する情報提供を目的としています。なお、Funderbeamからの作成・検証はございません。
Notes:This website is aimed at providing information about Funderbeam’s marketplace. This page is not created or verified by Funderbeam.