Syndicates

Siidrikoda Syndicate

siidrikoda_syndicate_アイキャッチ

私たちはアップルサイダーの純粋な味について情熱的なサイダーハウスです!

  • 被投資会社:Siidrikoda OÜ
  • 種類:ローンノート
  • 本部所在地:エストニア

はじめに

Siidrikodaでは、エストニアで最長のサイダー生産者であることを誇りに思っています。私たちは、2006年に特別に選んだ品種のリンゴを植えて、将来のサイダー製造のために、最高の品質のリンゴを確保できるようにしました。

私たちは、サイダー業界の専門家との関係を構築し、園芸、発酵、現代におけるサイダー生産分野の研究者や実践者から学びました。これまでのところ、当社の徹底した取り組みにより、International Cider Challengeの賞(2016年に2つのシルバー、2017年に金、2018年にブロンズ)が贈られました。

Siidrikodaは100件以上の店舗とレストランで販売しており、年間売上高は100,000ユーロを超え、プラスのキャッシュフローを保有しています。

現在、私たちは自らの成功から生まれたボトルネックに対処するための資金調達を模索しています。サイダーの生産量が最大のキャパシティに達した時点で生産設備を上回っています。適切な資金調達を行うことで、将来の事業の重要な目的である輸出計画を加速し、能力を向上させることができます。

さらにファイナンシングにより、リンゴの副産物(現在は廃棄されている)をアップルピューレのような新しい収入源にリサイクルすることができる新しい生産ラインを導入することができるため、生産工程がより生態系に優しくなり収益性が高くなります。

問題

ますます増え続ける消費者団体は、大量生産されたアルコール飲料に疲れており、何かをもっと欲しがっています。:ユニークで手作りの味です。クラフトサイダー市場は数年来急速に成長しています。

成長の勢いを維持するための課題

エストニアの国内市場は、ほとんどの経済部門では小さいことが知られています。同じことが飲料産業にも言えるため、輸出機会はビジネスの急速な成長を達成するために重要です。

偉大なサイダーを作るための私たちの情熱が国際的な評価を受けているので、海外からの製品への関心が高まっています。要求された数量が現在生産しているものよりもはるかに多い場合があります。この問題は、いくつかの大きなサイダー市場で顧客との長期的なビジネス関係を構築する上で大きな障害となっています。

私たちのチーム、経験と知識は、世界クラスのサイダー生産のための主要で基礎的な要素であることが証明されています。

ボトルネックは現在、優れた製品の国際市場需要を満たすための生産能力とビジネスのスケーラビリティです。当社は2011年に建設された既存の生産施設を上回っており、生産機械は現在、決定的な上限をテスト中である。

このキャンペーンで取り組むべきもう1つの課題は、私たちの生産ラインをバイオ廃棄物から解放することです。

現在、リンゴを粉砕しプレスすることにより、純粋なアップルジュースの最大60%が、発酵および他のジュース製品のために寄与し、残りの40%のリンゴはバイオ廃棄物に残ります。したがって、私たちは現在、貴重なバイオ成分(ビタミン、ミネラル、糖類など)ならびに実質的にすべてのリンゴ繊維をバイオ廃棄物に対して約40%喪失しています。

しかし、私たちの研究は、新しく高収益の製品の開発を通じて、実質的に100%のリンゴを使用する大きな可能性を示しています。

ソリューション

今後の方法

私たちは、クラウドファンディングキャンペーンを通じて、追加の資金を調達することに決めました。私たちは、そのような選択の背後にあるいくつかの非常に良い議論と理由があります。

  1. トレンドは私たちの友人です。クラフトビール醸造業者は、すでに薄く水っぽいラガービールに不意打ちを送っていましたが、クラフトサイダーメーカーは今や争いに入っています。短期間で生産能力を大幅に増強するには、追加の資金が急速に必要になります。
  2. 資金調達は、多くの投資家が投資したハイエンド製品のエバンジェリストになることができるため、マイクロブルワリーにとって最も適した選択肢の1つです。
  3. 国際的な投資家の基盤を確立することは、国際市場における相違を強調するだけでなく、市場の真のニーズを会社に伝えます。

資金調達の大部分は、サイダーの生産能力を増やし、輸出需要に対応することを目的としていますが、それに続くいくつかの傾向があります。

1.健康

一般的に食品産業は健康に向かって明確な傾向を示しています(脂肪が少なく、砂糖が少なく、塩分が少なく、繊維が多いなど)。世界中の人々は、良質な食べ物が自分の幸福に及ぼす影響をますます理解し始めています。

この認識の高まりは、食品が作られているもの、原材料がどこから来ているのか、製品がどこでどのように生産されているのかなどにもっと注意を払うことです。購買力の高まる発展途上国(中国、インド、ブラジルなど)では、両親はますます子供や若者のためにより良質で健康な食品を購入しようとしています。

これらの市場は大きな成長の可能性を秘めているため、そのような製品に対する需要の増加に対応するため、リンゴ製品の大部分を有機生産に転換する予定です。オーガニックアップルサイダーの追加生産ラインを含む、アルコールとノンアルコールの両方です。

2.多様なニーズ

私たちの戦略的ビジョンでは、ニッチ製品の開発に多くの注意を払っています。同社の研究開発は、市場性の高いニッチ製品の開発の可能性を提供します(持久力の必要な運動選手、若者、軍人、小児、コレクターなどのための特定の製品)。

進行中の研究と製品開発により、持久力の必要な運動選手、登山者、および他の活発な人々のための革新的なリンゴベースのサプリメント(オールインワン)のような製品を市場にもたらすことができます。

3.観光

観光部門は世界的に拡大し続けています。私たちは、観光、教育、研修、視野の拡大、新しい知識の共有に幅広い機会を提供するように、生産能力を拡大したいと考えています。

私たちは、長年にわたって発酵ジュース製品、酵母、酵素、その他のバイオ原料と園芸製品のトップ教育センターになることを目指しています。将来、センターへの訪問者は、提供している一連の活動に参加することができます。

既存のサービスの一環として、他の企業や関係者にスタートアップ段階で新製品を開発する機会を提供し、試験生産をテストし、中進国の拡張性をテストします。

市場

世界のサイダー市場は、ヨーロッパ・サイダー・トレンド2017(ヨーロピアン・サイダー&フルーツワイン協会-IACVとグローバルデータ)によると、約2,600万ヘクトリットルです。

報告書によると、「サイダー市場はワイン、ビール、またはスピリッツ産業よりもかなり小さいが、近年ではサイダーとフルーツワインがすべてのアルコール飲料の中で最も速い成長率を享受しているという事実は、 長年にわたる発酵果実飲料の継続的な人気が根底にあります。

世界のサイダー市場は、2016年に100億2,700万ユーロ(106億6,700万米ドル)と評価され、2017年から2023年にかけて6.1%のCAGRで成長し、2023年までに153億ユーロ(162億5200万ドル)に達すると予測されています(連合市場調査)。

リンゴベースのサイダーは、2016年の市場の主要セグメントであり、予測期間中に5.7%の大幅なCAGRで成長すると見込まれています。エストニアのサイダー市場は非常に小さく(2016年に1億500万リットル)、ヨーロッパのサイダー市場のわずか0.7%を占めています。

ヨーロッパは、2016年に主要な需要地域であり、サイダー市場シェアの半分以上を占めており(1,500万ヘクトリットル、57億1500万ユーロ)、2017年〜2023年の予測期間中、その支配を維持すると見込まれています。さらに、北米およびアジア太平洋地域では、CAGRが最も高いと予想され、人々の間で健康上の懸念が高まり、これらの地域でサイダーの人気が高まっているためです。

世界的なサイダー市場の成長は、グルテンフリー飲料の需要が高まり、低アルコール飲料の嗜好が高まることに起因しています。サイダーの天然および果実ベースは、市場拡大をさらに支援しています。しかし、主流のサイダーの高い糖度は市場の抑制要因です。

サイダーは一般的に、消費機会と訴求の観点から飲料(RTD)と競合すると考えられています。しかし、現在、サイダー市場は相反する傾向を示している。市場全体は2016年に減少しましたが、その減少の主な要因は大量のグローバルブランドでしたが、より多くの「クラフト的な」製品がより良いものになりました。

さらに、「クラフト」製品がブランドと売上を伸ばしているため、Molson Coorsの家族所有の英国サイダーメーカーAspallの買収によって示されたように、より大きな生産者にとって魅力的な買収ターゲットになる可能性があります。

トラクション

欧州におけるこの北欧の片隅でのサイダー生産の準備は、すでに2006年に始まっています。エストニアではサイダー飲料の長い伝統はありません。すべてが実質的にゼロから構築されなければなりませんでした。

今日、Siidrikodaは近くの果樹園で栽培されたサイダーのためのアップルが完全に供給されているエストニアにおいて唯一のサイダー醸造所です。サイダー生産量が10倍以上になっても、リンゴの供給は今後数年間にわたって確保されています。毎年春、私たちは既存の樹木に加えるため、約1000種の慎重に選んだドワーフリンゴ種を栽培しています。

私たちの成功に欠かせない第二のステップは、国内外の学界との緊密な連携を確立することでした。ステップバイステップで、我々は利用可能な最高の専門家、研究者および園芸学者との成功した協力、発酵プロセス、異なる酵母のメタボリズムおよび現代のサイダー生産を構築しました。

この徹底したビジネス開発の道は非常に効果的です。2016年には、私たちの最初の2つのアップル・サイダーが、英国で開催されたInternational Cider Challengeで銀メダルを獲得しました。

国際的な成功は、世界的に高く評価されている国際的なサイダーコンテストの中で、私たちの半甘味のサイダーMimikriが金を獲得し、2017年に続きました。エストニア食品産業協会は、南エストニア2018から、Siidrikoda’s Mimikri The Best Beverageを授与しました。

当社は、PRIA(Estonian Agricultural Registers and Information Board)から340,000ユーロの助成金を受け取って処理システムを開発し、現在廃棄されている余りのリンゴ製品をアップルピューレのような収益性の高い副産物にリサイクルすることができます。

国内では現在、当社の製品は5つの主要小売チェーンのうち3つ(Selver, Coop and Maxima)で販売されており、おそらくエストニアのクラフトメーカーの中で最も広い流通範囲を提供しています。

当社の製品は、HoReCa(Hotel/Restaurant/Catering)セクターでも非常によく受け入れられています。しかしながら、エストニア国内のサイダー市場はその量によって制限されているため、輸出能力を構築することが不可欠です。

私たちは輸出拡大のために生産量を増やしており、最初の目標市場はフィンランドです。エンタープライズエストニアやフィンランドのエストニア商工会議所、エストニア大使館の支援を得て、ヘルシンキの2つの主要マーケティングイベントに参加し、フィンランドの卸売市場および小売市場に製品を紹介しました。フィンランドの小売業者(主要なヘルシンキ地区の都市部)との最初の取引は閉鎖され、最初の出荷の途中です。

我々はまた、この春にフィンランドの国家独占Alko入札に参加し、3つの異なったサイダーを提供しました。市場規模を特徴付けるために、80の都市部と360以上のAlkoショップがフィンランドにあり、他のいくつかの小売チェーンについては言及していません。

ターゲット市場の発展と並行して、当社の輸出戦略は、現代のソーシャルメディアチャネル(FB、Instagram、LinkedIn)とグローバルなインターネットフォーラム、フェア(ProWein、Food Taipei他)、TFWAイベントなどへの積極的な参加により、世界的に目に見えるようになっています。

チーム

私たちのチームは、古参/経験、若さ/モチベーション、知識/実践のバランスが非常に優れています。家族経営として最初に設立された同社は、多様で貴重なスキルと経験を持つ人々にとって魅力的な職場環境となっています。

Sulev Nõmmann 博士号、CEO /事業戦略、長年にわたり海外に高水準の公共サービスを提供してきましたが、2006年にエストニアと家族の生活を結びつけることを第一の目的として、エストニア南部にリンゴ果樹園を設立しました。長期的なビジョンは、自家製品に基づいた食品飲料会社を立ち上げることでした。OÜ Siidrikodaは2011年に設立されました。

Rain Kuldjärv が、R&Dを担当しています。彼は食品技術と製品開発の修士号を取得しており、同じ分野の博士号にも取り組んでいます。Rainの日々の活動は、感覚およびインストゥルメンタル分析と様々な発酵プロセスの研究の両方に密接に関連しています。

Janica Sepp は、財務管理を担当しています。彼女は、セールス、調達、ロジスティクスの管理に加えて、製造部門での豊富な財務経験を持っています。現在、彼女は財政の進展、急速な成長と輸出を管理しています。

Leila Haugas は最近、私たちのチームに加わり、輸出を担当しています。彼女は、”Siidrikoda”の世界的に有益な市場を確認しています。Leilaは、エストニア、日本、台湾の各ブランドのグローバル市場を構築する以前の経験を活かしています。そのスキルと国際市場への献身により、彼女は国際見本市に出席し、交渉を行い、取引を結びます。

Signe Ventsel は、マーケティングとコミュニケーションを担当しています。Signeは “Siidrikoda”の物語を引き出す方法を知っています。Signeはまた、地元の顧客の間でサイダー文化の意識を高めることによって国内市場における売上高を増加させる責任を負います。

シニアマネジャーの Tea Nõmmann は、品質管理(ISO 9001:2015)、書類作成、あまりにも野心のあるアイディアのコントロールを担当しています。Teaはまた、リンゴ果樹園で受粉する素晴らしい仕事をしているミツバチとコミュニケーションする方法も知っています。彼らがなければ、このビジネスはうまくいかないでしょう。

産業オートメーションの専門家である Kalev Abiline は、当社の生産設備を維持しています。最寄りの村に住んでおり、彼はすべての技術的生産関連の問題に解決策を提供するために常に近くにいます。

Siidrikodaチームの最年少の IngmarNõmmann は、精巧なソーシャルメディアスキルをこのテーブルにもたらします。Ingmarはまだ高校生ですが、Siidrikodaのウェブサイトとソーシャルメディアを管理し、ビジネスのEコマースサイドを積極的に発展させています。

エストニア芸術アカデミー(現スイスのチューリッヒ美術大学で交換留学生として)の学生である Christopher Nîmmann は、私たちの産業デザイナーです。Christopherの創造的な貢献は、Siidrikodaの製品設計とビジュアルで明らかです。

生産助手の Ene Joosep は、Siidrikodaの毎日の生産に深く関わっています。彼女は毎日の生産ルーチンを完璧に扱うことができます。

競合

エストニアの主な競争相手には、Jaanihanso、ToriJõesuudme、Siidri – ja Veinitalu、Peenjoogivabrik Nudist、Cityciderなどが75,000ユーロ〜300,000ユーロの範囲にあり、また国際的なサイダーの生産も大きくなっています。

際立つための私たちの戦略は、環境に配慮した方法と廃棄物を最小限に抑えることによって、慎重に手がけた果樹園で栽培されたリンゴから、優れた賞を受賞したサイダーのセレクションを作り出すことです。

いくつかの重要な企業の事実

  • 私たちはエストニアにおいて、最も古いサイダーのためのリンゴ果樹園を所有しています。2006年に最初の4000本の樹木が植えられ、現在8000本の厳選された樹木が栽培されています。
  • Siidrikodaのサイダーは、インターナショナル・サイダー・チャレンジから、今まで2本の銀メダルと1本のMimikri(2017年)の金メダルを獲得しています。
  • Siidrikodaは、生産施設の屋上に太陽光発電のオプションを検討しています。
  • ジュース抽出後にリンゴの使い残しからピューレ製品を作り始めており、リンゴの最大価値を引き出し、無駄を最小限に抑えています。

資本

これは私たちの2度目のクラウドファイナンシングです。2015年の最初のラウンド(93,000ユーロ)は、同社が約束した内容を投資家に提供できることを確認しました。

2015年から2017年の間に、5つの異なるサイダーが市場に出されました。そのうち3つは世界の舞台で金メダルを獲得しました。Brewdog醸造所(www.brewdog.com)がクラフトビールで行ったことと同様に、私たちは驚くべき旅の始まりであると信じています。製品のみが異なります。

私たちは、エストニアのアップルサイダーの先駆者であることがすでに証明されており、伝統工芸に革新的なアプローチをもたらしています。しかし、真にゲームを変えるものを作るためには、追加資本が必要です。

新しい資本は次のものに投資されます

  1. アップルサイダー生産能力の少なくとも20倍の増加をもたらす新生産施設、輸出とグローバルマーケティングの発展のための営業資金(資金調達量の最小額)。
  2. アップルパルプを処理するための新しい生産ライン。製品開発と市場調査の研究開発部分はほぼ完成しており、産業レベル、製品の発売と輸出、第2レベルの資金調達に向けて、新たな資本が必要です。
  3. 資金調達額の上限額により、投資プロジェクトが完了します。これには、ビジターセンター、工場のアウトレット、設備の整った研究室、そしてコンピテンスセンターのその他の重要な要素が含まれます。

イグジット

私たちは、ワールドクラスのサイダーその他の高度に要求される副産物を開発し、顧客基盤を拡大し、売上高と利益を増やすことにコミットしています。

Funderbeamアフターマーケット以外の新しい投資家のためのより明確な出口計画を提案するのは時期尚早ですが、Siidrikodaの成長する価値を実現する方法のいくつかは次のとおりです。

  • 配当金。 Siidrikodaは投資家に3年間で7%の配当を支払う予定です。
  • IPO。 OMXT NasdaqのメインリストまたはFirst North alternative marketに上場。
  • 事業の引き継ぎ。クラフトサイダーは、数年前から、最大10億ドル相当の大規模な国際生産者による数十回の買収が行われているクラフトビールの後ろにあります。クラフトサイダーでの最初の買収もあります。例えば、Molson Coorsは2018年に約4,000万ポンドでAspall Ciderを買収し、2017年には日本のサッポロがクラフトビールの先駆者Anchor Brewingを8,500万ドルで買収しました。
  • 戦略的投資家への部分売却。ハイネケンは、2015年にクラフトビールのプロデューサーであるLagunitasの株式の50%を5億ドルで取得し、2016年に年間1億リットルの販売体制で売上を伸ばしました。価格設定が正しければ、同様の取引を検討するかもしれません。そして、当社に良い価値を提供することができます。

リスク

Siidrikodaはすでにキャッシュフローがプラスであり、費用対効果の高い方法で運営されているため、事業外になる可能性は非常に低いと考えています。 それでも私たちが準備している会社には多くのリスクがあります。

  1. 購入を抑止しリピート購入を妨げる可能性がある高い原価。当社の生産能力を増強することにより、生産コストを下げることを目指しており、賞を受賞しているサイダーを継続的に開発することにより、顧客基盤が拡大する可能性があります。
  2. 古い製品に疲れている顧客。Siidrikodaは常に新しいサイダーに取り組んでおり、毎年新しい製品を紹介します。クラフトサイダー市場はまだ初期段階にあり、近い将来、実質的な成長が見込まれます。
  3. ビジネス環境。私たちは既に、国内市場におけるゲームルールの予期せぬ変化(予想外の消費税の上昇)を経験しています。ビジネス環境の変化のリスクは常に存在しますが、このようなリスクを処理する最良の方法は、異なる輸出市場に多様化させることです。
  4. 供給することのリスク。クラフトサイダーの生産は、リンゴの利用可能性に依存します。収穫は、年、気候条件の変化、他の状況と同様に北部の南方地域からの病気の広がりによって決まります。弊社は園芸学の研究に積極的に参加しており、より安定した収穫で抵抗性のリンゴ品種の発見と、この地域の他のリンゴ栽培者とのパートナーシップの構築に取り組んでいます。

その他

 

このページは、Funderbeamウェブサイトに掲載されているキャンペーンページを日本語に翻訳したものです。
注意:誤訳のないようチェックを行っておりますが、内容の相違や誤訳により損害等が生じた場合でも、Funderbeam及び投稿者、情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。誤訳等がある場合、ご指摘いただけると幸いです。
This page is a translation of the company profile of each investment destination on the “INVEST” page of the Funderbeam website.
Notes: We do checks to avoid mistranslation, but Funderbeam, contributors and information providers are not responsible for any damage, etc. caused by the content of translation. All decisions concerning investment should be made at the discretion of the user himself. If there is a mistranslation etc., We will be pleased if you can pointing out.

注意:当ウェブサイトは、Funderbeamマーケットに関する情報提供を目的としています。なお、Funderbeamからの作成・検証はございません。
Notes:This website is aimed at providing information about Funderbeam’s marketplace. This page is not created or verified by Funderbeam.