Syndicates

OmoLab Syndicate

OmoLab Syndicate カバー

OmoReaderシステムは、失読症の人にとって読みやすくしています。

  • 被投資会社:Omolab Komunikacije d.o.o
  • 種類:ローンノート
  • 本部所在地:クロアチア

はじめに

OmoReader©は、OmoLabビジュアルコミュニケーションラボによって開発されたもので、読みや学習障害のある人々のためのツールを開発する目的で、専門家や機関のグループを結び付けています。

私たちの主な焦点は失読症です。OmoLabの使命は、失読症に苦しんでいる人々が、この状態が実際に視覚的思考の賜物であることを理解し、そして、彼らに力を与えるために、失読症の子供たちが持つ可能性について一般の人々を教育します。適切な援助がなければ、11歳未満の子供たちは彼らの能力を最大限に発揮できないかもしれません。

失読症は視覚的思想家です。彼らはその独特な考え方のため、解決策を提供するために創造的なプロセスを使います。よく知られている失読症の一人は、アルバートアインシュタインでした。彼はその視覚的思考と創造性を使って、現代科学と私たちの世界観を再定義しました。

フォントの読みやすさと失読症について関連する科学的研究によって導かれ、OmoLabはOmoType©フォントファミリーを作成しました。OmoType©は52種類のフォントスタイルで構成されており、2018年8月にリリースされました。

現時点で、フォントは1,680回以上ダウンロードされています。開発プロセス中、このフォントは、Dyxy AssociationおよびSplitにおける保健所の小学生向け総合病院と共同で、失読症の子供たちのグループでテストされました。

このフォントは、失読症の読解を容易に、そして楽しくするのを助ける旅への第一歩にすぎませんでした。

OmoLab Syndicate 図表1

問題

失読症は、文字とそれらの文字およびそれらの組み合わせが作る音とを合わせるのに苦労しています。この状態の背後にある科学は、失読症者が書記体系の基本単位である書記素と、言語の意味を区別する最小の音単位である音素とを結び付けることができないということです。

OmoLab Syndicate 図表2

これは失読症の子供たちの中心的な問題です。調査によると、子供が11歳より前に読書を理解していなければ、読書の問題は永遠に解決しません。

この障害のために、失読症(特に子供)はしばしば相当な学習と社会的課題に直面しています。失読症の真のニーズは、他の人と同じように社会生活に参加できること、読書が重要な分野で学び成長することです。

適切に対処されていない場合、この問題は、怒りや愚かさまたは恥ずかしさを感じ、欲求不満を引き起こし、社会問題を永続させるため、彼らの教育において大きな負担となる可能性があります。

これは音韻論的な問題ですが、読むための唯一のインターフェースはフォントなので、それを助ける方法はテキストとフォントの両方を操作することです。

OmoLab Syndicate 図表3

現在、利用可能なソリューションは同じ出発点を有します。彼らはフォントの心的回転を止めるために、文字の下の部分を太字にして、似たような文字を区別したフォントを提供しています。

これらのソリューションは、失読症の症状の全範囲に対処するわけではないので、ある一人を助けたとしても、他の人の役には立たないかもしれません。私たちは、これらの解決策が日常的な状況でも使用するのが困難であり、そして、多少の失読症者に対し、部分的な利益のみを提供できるものだと感じています。

私たちは、これらの解決がフォントと失読症間の関係についての研究に頼っていることに気づきました。しかしながら、彼らが科学的アプローチを使用しておらず、問題についてのより深い理解を欠いているかもしれないと思います。そのようなフォントについての独立した調査は、それらが読み手に本当の違いも影響も及ぼさないことを示唆しています。

私たちの結論は、静的フォントは部分的な解決策を提供するだけであり、完全な解決策のためにはフォントを操作するべきであるということです。

ソリューション

OmoReader©モバイルアプリケーションは、失読症者のための読書を容易にする特定のツールのセットを提供しています。このツールは、この分野で10年以上の経験と科学研究の経験を持つ当社の専門チームによって開発されました。

システムの中核は、失読症の特定のニーズを満たすように形作られた独自のOmoType©フォントシステムです。

OmoLab Syndicate 図表4

現在、OmoType©の使用を最適化するAndroidおよびiOSモバイルアプリを提供し、またモジュール式の使いやすさを実現して、個々の調整を通じ、ユーザーに利益をもたらしています。特定のフォント調整(サイズ、間隔、ミラー文字の区別)により、テキストがユーザーにとって読みやすくなり、読みやすさが向上します。

OmoReader©システムの機能

  • 読みのリズムを向上させるためのハイフネーション
  • 読み手を集中させるバックグラウンドラインとラインに沿うアビリティ
  • より快適な読書体験のための様々な背景
  • 読書速度を上げるアニメーションのバックグラウンドライン
  • プリントからテキストを追加するOCR機能

クロアチア市場向けに無料の電子ブックを何百も統合したので、このソリューションを使い始めることは簡単です。私たちは、参入するすべての新しい市場でこのやり方を実行するつもりです。

OmoLab Syndicate 図表5

いくつかのパラメータを監視することで、失読症者がアプリをどのように使用しているかを追跡できます。これによって、今日、失読症を理解するために使用されるデータの最大のコレクションの1つであると信じているものを集めました。

ザグレブの教育リハビリテーション科学学部の科学者専門家チームが収集されたデータを分析し、その結果を使って既存のツールを改善し、新しいものを作成します。

私たちはユーザーから多くのフィードバックを受け、彼らの本当のニーズについて学びました。これは英語圏の市場でアプリをリリースすることで、私たちの成長を可能にする製品開発戦略を形作るのに役立ちました。

将来の開発

私たちは現在、インターネット上、MS Word文書、および同様のアプリケーションで利用可能なデジタルコンテンツをユーザーが読めるようにするWebアプリケーションの開発を準備しています。

さまざまな言語の追加文字を網羅し、ラテン文字ですべての言語のフォントを整形し(スタイルごとに約260文字を追加、合計390文字)、フォントサイズを変更できるようにすることで、より幅広いユーザーセグメントに対応できる新しいフォントセットを準備します。ユーザーはフォント拡張、アセンダ、ディセンダを調整することができ、これによって文字を認識しやすくなります。

OmoReader©システムは、プリント版もカバーしています。出版社向けの統合が利用可能であり、現在、最初の有料ユーザーでテスト中です。

市場

失読症は、言語や書記体系の影響を強く受けています。クロアチアにおいて最初の市場証明の後、私たちは米国でこのサービスを開始する予定です。米国だけで約4000万人の失読症者がいます。

6,000万人以上の英語を母国語とする話者のニーズに応える機会がありますが、英語を話すことができる総市場は、3億人を超える人々で構成されています。今後7年以内に、米国市場の1〜5%を獲得できると確信しています。

他の言語で推定される機会は以下のとおりです。

  • 4000万人のスペイン語を話す失読症者
  • 1000万人のドイツ語を話す失読症者
  • 2200万フランス語話す失読症者
OmoLab Syndicate 図表6

市場参入戦略

B2C側では、価値提案を伝達できる2つの市場セグメントを特定しました。

  • 失読症の子供を持つ親
  • 失読症の成人

私たちは、Google Play、Apple App Store、および当社のWebサイトを通じてOmoReader©システムを提供する予定です。私たちのソリューションと研究チームへの強力な科学的アプローチがあるので、失読症の専門家との強力なパートナーシップを確立することを計画しています。

専門家コミュニティによって、失読症の人々のための素晴らしい解決策として認識されることは非常に有益です。私たちのマーケティング努力は、このアプローチと一直線を成します。

私たちの目的は、読書と学習の経験を向上させることです。コンテンツマーケティングやウェビナー、有料チャンネルに加えて、私たちはパートナーシップを築くこと、または以下のような失読症関連のコミュニティから支援を受けることを目指します。

  • 失読症協会(childrensdyslexiacenters.org、dyslexiafoundation.org、dyslexiaida.orgなど)
  • 学校や教育機関
  • 研究機関(The Yale Center for Dyslexia and Creativityなど)
  • 慈善団体(Reach for Change、Made by Dyslexiaなど)

専門家コミュニティからの支援は、私たちにさらなる競争上の優位性を提供します。

また、失読症アンバサダーのグループを設立する予定です。

  • 成功し、よく知られている失読症者
  • 失読症コミュニティに力を入れているドメインエキスパート

このアプローチを通じて、当社は市場での採用を増やし、より強い影響を与え、顧客コストの取得を減らす影響を与えることを計画しています。アンバサダーからの社会的支援は、さらなるブランド認知とトラクションを提供するでしょう。

私たちが提携したい組織の一つはMade by Dyslexiaで、成功した有名な失読症者が率いる慈善団体であり、その使命は失読症についての人々の認識を変える手伝いです。私たちの使命は補完的であり、そのような立派な組織によって認識されることは、ソリューションのより良い場所への道を切り開きます。

変革のためのリーチは、子供たちが切迫した問題に取り組む潜在的な社会起業家が、より効果的な解決策を開発し、支援なしで迅速かつ持続可能に拡大できるようにするための基盤です。

OmoReader©の創業者であるPetar Reicはチェンジリーダーで、子供や恵まれない人々が参加する新しい教育モデルなどに関する会議やイベントに頻繁に招待されています。彼らのネットワークと組織は、グローバルに存在しているため、ターゲット市場でのネットワークの促進と拡大に利用できます。

支援技術とコミュニケーションに焦点を当てた会議の1つは、専門家との関係を築き、或いはアンバサダー獲得の計画を達成できる場所です。特に市場参入に関連して、今年は米国から4人、カナダから1人がATAAC会議に講師として参加しています。

B2Bセクター

B2B側では、出版社に販売する予定です。

私たちは最近、ヨーロッパの主要な教材出版社の1つであるKLETTグループの一員である地元の出版社Profil-Klettとテスト契約を結びました。Profil-Klettは、KLETTグループのイノベーションリーダーを目指しています。

彼らは口頭で最初に統合することに興味を表明し、その後、グループの他のメンバーにソリューションを提供します。16カ国以上(米国内とEU全域)に存在するKLETTのようなパートナーと共に、ドイツ語を話す市場に参入し、私たちのサービスを他の言語にも広げる可能性があります。

米国における現状

  • 33社の教科書出版社
  • 310社の一般教育出版社

彼らは年間約43億冊の本を生産しています。

2017年の電子書籍の販売数は2億6,600万で、出版社の72%が書籍をデジタルで出版していました。

出版社セグメントは、B2Cの売上を牽引する要因と考えています。

デジタル出版物におけるOmoType©フォントへのユーザーの満足は、他のコンテンツやデバイスでこのフォントシステムを使い続けたいという彼らの願望をもたらすだろうと私たちは期待しています。それが収入源を生み出すことに加え、出版社とのパートナーシップがブランド意識の形成者として重要である理由です。

この機会を出版社の側から見れば、この協力によって、彼らはより満足している顧客に積極的な読書体験を提供し、無視や過小評価されてきた読者層を獲得できます。英語圏の国での出版はePubに向かって動いており、そして、この傾向が今後10年以内で続くと予想します。

私たちはすでに、自らのネットワークを通して米国の出版社やスピーチセラピストと連絡を取り合い、交渉を始めています。そして、国際市場でこのアプリをリリースする前に、パートナーシップを作り始めることを期待しています。

トラクション

OmoLabの創業者Petar Reicは、彼の娘が失読症と診断されたため、2014年に失読症の解決策に取り組み始めました。彼の妻も失読症であるため、彼らの家族は大きな挑戦に直面しました。Petarは、失読症の読解や学習を容易にする効果的なツールへのアクセスのしやすさが欠如していたことに気付いて失望しました。

2016年には、ワールドクラスのタイポグラフィ専門家であるMarko HrastovecとスピーチセラピストのNina Kupusovic教授の助けを借りて、彼は、私たちが毎日使用している一般的なフォントと可能な限り区別がつかないフォントの開発を始めました。彼らは、重要な問題がさまざまな形態の失読症に現れることを正確に示しました。

読解の問題はすべての失読症者に特有で個別のものであるため、解決策は動的で、モジュール化され、そして特定の読み手ごとに調整可能である必要がありました。また、フォントの検出、行の読み方に関する問題も解決します。最も重要なことは、フォントは個々のニーズに合わせて調整できることです。

私たちは2018年11月にクロアチアで開始し、今日までに、アプリケーションは3,800回ダウンロードされており、現在1,780以上の登録アカウントを持っています。このことから、1,030人を超えるユーザーが失読症に苦しんでいることを明らかにしました。アカウントを登録しなくてもアプリケーションを使用できることに注意することが重要です。

私たちは最初の有料のB2B顧客であるProfil-Klettと契約しました。彼らは、OmoReader©システムを彼らのデジタルおよび印刷物に統合しました。そして、それらのエディションのいくつかはすでに、私たちのプラットフォームを通して提供されています。彼らはすでに、子供向けの塗り絵を印刷版とデジタル版で出版しています。

ビジネスモデル

私たちはクロアチアでOmoReader©システムを無料でリリースし、フィードバックを受けたりサービスを向上させるためのデータを収集するのに、十分な大きさのユーザーベースを集めました。

現在データを分析している大学の科学者たちも、科学的アプローチと失読症の研究によって重要な価値を付加しています。センシティブな市場でのそのような初期段階では、これらをB2CモデルとB2Bモデルの両方の成功を推進するための重要な活動と考えています。

OmoReader©は3段階で提供されます。

  • ユーザー1人あたり月額2.99ドル
  • 年間購読料1人あたり29.99ドル
  • すべてのシステムで一度限りの購入59.99ドル

すべてのユーザーが利用可能なフルオプションで30日間の無料トライアルがあります。このアプローチに対する理由は、重要なユーザーベースをできるだけ早く集めることです。

B2B側ではこれまでのところ、Profil-KlettやMedical editionのような教材の地元出版社と合意しています。私たちの主なターゲットは、デジタルコンテンツへのシステムの統合を提供し、印刷版の使用を計画している教育および子供向けの教材出版社です。

私たちは、OmoPublisherとしてサービスを提供する予定です。これは出版社向けに指定された1つのパッケージ(主に教育版と子供向け版)で、カスタマイズされた読書体験のために、OmoType©フォントソリューションとOmoReader©をデジタル資料に完全に統合できます。OmoPublisherは、1年以内に特定の領域で、1,500ドルから10,000ドルの範囲のライセンス取引について3つの価格帯を持つことです。

印刷版の場合のみ、OmoType©フォントソリューションは個別のパッケージで販売されます。

チーム

OmoLab Syndicate 図表7

競合

私たちの主な競争上の優位性は、OmoType©フォントファミリーです。

OmoLab Syndicate 図表8

この表はOmoLabの管理者が作成したもので、独自に検証されたものではありません。

私たちは、フォントとアプリケーションをソリューションのほんの一部と見なしています。私たちの知る限りでは、失読症の読解に役立つフォント操作を可能にする読者アプリケーションは市販されていません。

利用可能な失読症アプリのほとんどは、12歳までの子供の書記素と音素の問題を結び付けること、または、音声と読書体験を組み合わせることで問題を解決することに焦点を当てています。この問題を解決し、読書体験を向上させるという点で、私たちは比較的優位に立っています。したがって、この問題に対処するだけではなく、さらに一歩進めて、読むのに役立つソリューションを提供します。

資本

OmoLabの創業者兼CEOであるPetarは、会社をつくり始めるために3万ドルの初期資本を投資しました。この1年間で当社は、総額74,000ドルにおいて、いくつかの助成金と競争を勝ち取りました。

  • Swedish trust Reach for Change – 28,000ドル(17.11.2017)
  • ACTグループコンペティション – 13,000ドル(28.02.2018)
  • Startup Factory acceleration program & Zagreb Connect conferenceの入選 – 25,000ドル(5.12.2018)
  • Most innovative entrepreneurship idea of 2018 from the City of Split – 8000ドル(15.12.2018)

Locastic development agencyは、当社の技術パートナーであり、OmoReader©アプリの開発者チームを提供しています。これに対して、15万ドル相当のリソースを投資しました。LocasticはOmolab Komunikacije d.o.oの株主ではありません。

また、EUに150,000ユーロのイノベーション助成金を申請しました。私たちはすでに管理チェックに合格しており、2019年5月中旬での承認に期待しています。

私たちは次の目的で、追加資金を調達しています。

  • 英語圏の市場に迅速に拡大
    • アプリの翻訳
    • アルゴリズムの調整
    • マーケティング&プロモーション
    • 販売と給与
  • 知的財産権保護のための記録
    • 法的
  • Webアプリ開発
  • 研究

調達資本金のあるランウェイは10カ月です。

OmoLab Syndicate 図表9

イグジット

私たちはグローバルプロジェクトの構築に尽力しています。私たちは市場機会が大きいことを信じ、グローバルブランドをつくるために、すべての市場関連の活動を引き受けることを計画します。

OmoLab Syndicate 図表10

2021年には、62万ドルのプリマネーバリュエーションでベンチャーA投資を調達し、2021年末までに、約115,000人のB2C顧客と約150人のB2B顧客に成長し続けると予想しています。

最も可能性の高いイグジットは買収によるものと考えています。私たちは、大規模な出版社や、ePubリーダーを生産している企業(Amazon、Barnes&Noble)から、彼らのサービスを新しい市場に広げることができるような利益を生み出すことができると信じています。

これらの業績の見通しは、将来の業績を保証するものではありません。

リスク

アーリーステージの企業への投資には一定のリスクが伴います。OmoLabは下記の主なリスクを軽減することを約束しますが、投資家は出資するかどうかについて独自の決定を下すべきです。

市場リスク

対象顧客の特定の性質により、米国市場での採択が予想と異なる可能性があります。彼らはツールの真の価値を見て、読むために役立つと考える必要があります。このリスクを軽減するために、専用チームとエンドユーザーにとって優れた経験を持つ貴重なツールを提供するのに役立つ研究があります。

これが、クロアチア市場で最初にアプリケーションをテストした理由の1つです。これまでのところ、このアプローチはユーザーの期待に沿う価値ある製品があることを証明しています。

米国市場における新たな市場には、市場の徹底的な調査や失読症の分野における主要な利害関係者との現地パートナーシップの確立、潜在的な脅威を探究することで、予測できない障害やコストもあります。

財務リスク

米国市場に参入するには、現在のソリューションで短期間に生み出すことができる以上の資金が必要になる場合があります。これは成長を遅らせるでしょうが、市場でのアプリの勢いには影響を与えないかもしれません。Startup Factoryアクセラレーターを介して受け取った投資と資本のおかげで、今後10カ月間は十分な資金を確保できるはずです。

私たちはまた、追加の8カ月のランウェイを提供するであろうEU基金に対して申出を提出した。チームメンバーの一人は、EU基金の専門コンサルタントで、私たちはこの提案が合格することを期待しています。

収益リスク

当社の収益モデルはほとんどテストされておらず、有料の顧客はごく少数です。顧客基盤を拡大するための計画は整っていますが、これには予想以上に時間がかかり、事業計画に含まれている金額を請求できない可能性があります。

科学的リスク

私たちはザグレブ大学と共同で研究を進め、現在のユーザーから科学論文のためにフィードバックを集めています。私たちは、これらの結果がプロジェクトに付加価値を与え、そして、専門家のコミュニティにおいてそれをより強くなることを期待します。

これにより、専門家を通じてユーザーにリーチするのを助け、ソリューションに追加の裏付けを与えることができます。市場調査から得られたことが研究によって確認されない場合、製品の受け入れに何らかの影響がある可能性があります。

先の独自のフォント研究に基づき、失読症の人々に対するソリューションの効果について、私たちの主張を裏付ける研究結果を期待します。私たちの目標は、さらなる競争上の優位性を提供するために、科学的および市場検証を整合することです。

知的財産リスク

私たちはフォントとソフトウェアのユニークな組み合わせを利用した新しいソリューションを開発しました。リスクは、競合他社に当社のソリューションが提供する可能性を認識させ、当社を模倣しようとすることにあります。

当社のソリューションは、フォント操作のために埋め込まれた専売のアルゴリズムを利用するので、複製するのが技術的に難しいと私たちは信じています。また、コピーが難しい特定のライブラリも使用しています。

フォントは現在、知的財産法によって保護されています。当社は現在、技術的ソリューションの知的財産権保護プロセスを完了するために、評判の良い現地の法律事務所と提携しています。このキャンペーンを通して集められた資金は、技術的なソリューションを開発し続けることを可能にし、他の人々が競合製品を提供することをより困難にします。

その他

お客様の声

Facebookのレビュー

「読むことに問題があるなら、みんな、あなたはおかしい人だと考えます。止まったり捜したり、もうたくさんです。私の娘は10歳です。彼女は「知的問題がある」ので、1年後に学校に行くことを勧められました。いいえ、私にはそれは学校でのいじめだけを意味します。彼女は学校と予定通りに始めた。すぐに優秀な若い先生が私の娘が抱える問題に気づきました。失読症、計算障害、書字錯誤…… 子供と親の両方にとって悪夢。

OMOREADERは、私たちの生活をとても良くしました。私の娘は休むことなく読んでおり、1つのフォントを読むのにうんざりすると、彼女は自分が最も適していると思うものに適応します。笑顔で欲求不満のない彼女の読書を見ることが大好きです。

どうもありがとうございます!!!!!!!!♥♥♥

リタとママ

P.S. モバイル画面からの読み取りは少し難しいので、PC版のOmoReaderはありますか?」

GooglePlayのレビュー

「私のボーイフレンドは36歳です。彼は失読症、書字障害およびADHDを一生持っています。彼が本を正常に読むことができるのは今回が初めてです。ありがとうございます」

 

このページは、Funderbeamウェブサイトに掲載されているキャンペーンページを日本語に翻訳したものです。
注意:誤訳のないようチェックを行っておりますが、内容の相違や誤訳により損害等が生じた場合でも、Funderbeam及び投稿者、情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。誤訳等がある場合、ご指摘いただけると幸いです。
This page is a translation of the company profile of each investment destination on the “INVEST” page of the Funderbeam website.
Notes: We do checks to avoid mistranslation, but Funderbeam, contributors and information providers are not responsible for any damage, etc. caused by the content of translation. All decisions concerning investment should be made at the discretion of the user himself. If there is a mistranslation etc., We will be pleased if you can pointing out.

注意:当ウェブサイトは、Funderbeamマーケットに関する情報提供を目的としています。なお、Funderbeamからの作成・検証はございません。
Notes:This website is aimed at providing information about Funderbeam’s marketplace. This page is not created or verified by Funderbeam.