Syndicates

Bikeep Syndicate

Bikeep Syndicate

Bikeepは、スマートな自転車ラックを通して、安全な自転車駐車場の提供と自転車ユーザーの識別、そして、将来的にはBikeepモバイルアプリを通して、追加のサービスを仲介する予定です。

  • 被投資会社:Bikeep Inc
  • 種類:ローンノート
  • 本部所在地:アメリカ

はじめに

私たちは個人における自転車の使用が、都市の移動の未来において、重要な役割を果たすと信じています。より多くの人々に私たちの街を巡るようにと伝えることで、私たちは街をよりきれいにし、人々をより健康にし、そして交通渋滞の問題を解決できます。

市場調査を通して、簡単で安全な駐車場の選択を提供することが、人々をもっと循環させることを可能にし、そして促進することを認識しており、これまでの私たちの成功は、この需要に支えられています。

Bikeepは、都市部のマイクロモビリティの成功要因です。私たちのスマートな自転車ラックを通して、安全な路上の自転車駐車場(+スクーター/電動自転車の充電)を提供し、自転車ユーザーを識別し、そして、将来的にはBikeepモバイルアプリを通して、追加のサービス(自転車保険、修理、予約など)を仲介する予定です。

エストニアでのネットワーク構築に成功した後、私たちは米国市場での拡大を目指しています。すでにそこに多くの成功したパイロットがおり、私たちは今、それらを本格的に実装したいと思っています。合計で9カ国にステーションを設置し、約44,000人のユニークユーザーがいます。

集められた資金は、1から3都市を、私たちの故郷、タリン、エストニアと同じレベルに開発するために使われます。これらの追加都市の開発を通じて、私たちは、他の都市でプロジェクトをいかに効率的にスケールアウトするかについてのプレイブックをまとめています。

Bikeep Syndicate 図表1

問題

現在、個人用の自転車用ロックを持ち運ぶのは各個人の自転車所有者次第であり、より安全なロックはさらに重い傾向があります。これはユーザーにとって不快になるだけでなく、世界中で自転車の盗難が急増し続けているという意味で、完全に安全なポータブルロックはありません。なぜ自転車窃盗を止めるのがとても難しいのでしょうか。

所有者(自治体/郡を含む)にとっては、特にサイクリングにおいて、非常に人気のある都市部では、放置自転車が大きな問題になる可能性があります。不動産所有者は、それぞれの自転車がそこにある期間を制御する手段を何も持たずに、自分の敷地内に多数の自転車を駐車することがよくあります。放置自転車は、自転車スタンドを塞いだり、街を乱雑にしたり、それらを識別したり撤去するのに多大な労力が必要となるため問題です。

Bikeep_syndicate_図表2

ソリューション

Bikeep Smart Bikeラックには4つのセキュリティ層があります。フレームと前輪を囲むスチールバー、スピーカーアラーム、遭難信号の転送、監視カメラです。

ユーザーはBikeepモバイルアプリを介して識別されます。自転車の所有者が希望するよりも長く自転車がとどまっている場合は、自動メッセージを送信することができ、許可された駐車時間を超えた自転車を識別し撤去することが簡単です。

これにより、所有者は自分のテナント/従業員のみが自転車ラックを使用できるように制限付きアクセスを設定できます。Bikeepアプリを使えば、不動産所有者や地方自治体が自転車駐車場のマネタイズを開始し、駐車場の事前予約を許可し、自転車交通データの収集を開始できます。自転車に乗る人にとって、Bikeepは簡単で安全な駐輪場です。

Bikeep_syndicate_図表3

市場

世界には、車の2倍の自転車があるとすでに考えられています。自転車の数は2050年までに、20億から50億に増加すると推定されています。およそ2億5000万人のヨーロッパ人がすでに自転車に乗っていて、1400万人のアメリカ人が少なくとも週に2回自転車に乗ります。

世界中の都市は、自動車交通量を劇的に減らすことを計画しています。世界中のサイクリストの数、およびエストニアのタリンの自国市場に基づくと、EUと米国だけでスマートラックの潜在的な市場規模の合計が約800万ラックになると見積もっています。Bikeepは、すでにエストニアのタリンで、毎日の自転車通勤者の20%にサービスを提供しています。モバイルアプリを通じて追加のサービスを提供する機会もあります。

世界中の都市がサイクリングを可能にし促進するために、より多くのリソースを投入し始めています。さらに先を行く人たちは、結果を見て彼らのコミットメントを高め、他の人たちは彼らの例に従っています。

米国は、交通手段としての自転車の使用においてヨーロッパよりもかなり遅れていますが、それに代わる交通手段としての促進への投資が進行中で、同様の傾向がそこに現れています。

Bikeep_syndicate_図表4

トラクション

米国市場では、売上高は直接の働きかけによって牽引されてきましたが、ヨーロッパでは、いくつかのパートナーと協力して新規顧客を獲得しています。

サンフランシスコでは、地元の地下鉄システムBARTがBikeepラックを使用しています(ABC7 News)。パイロットが成功した後、BARTはすでにBikeepラックをさらに追加しています。この地域の何人かの不動産開発業者と地元の小売業者もまた、Bikeepステーションを備えています(サンフランシスコからのカスタマーストーリー)。

Bikeepでは、EUとアメリカの両方で、自転車通勤者の多い都市や自転車にやさしい取り組みを支援する都市に焦点を当てています。米国市場では、売上高は直接の働きかけによって牽引されてきましたが、EUでは、いくつかのパートナーと協力して新規顧客にリーチしています。

ワシントンDCにも存在し、市長のオフィス、Wilson Buildingを含む、不動産開発会社の2、3棟のビルに設置されています(ABC7ワシントン)。ワシントンD.C.では、私たちの目標は、今後2〜3年以内に納入される2,500台と共に合計5,000台のラックを設置することです。Bikeepはすでに多くの政治的支持を得ており、私たちは地元の地下鉄システムにBikeepラックを設置するために、Washington Metropolitan Area Transit Authorityと緊密に協力しています。

Bikeepは、パートナー企業、フィンランド、スイス、ベルギー、アイスランド、および自国市場(デンマーク、オランダ、ドイツ、ニュージーランド)で、ソリューションを代表し始めている他の多くの新しいパートナーを通じて活動しています。

今日までに、Bikeepは全世界で約1,200台のスマートバイクラックを設置しており、現在、CBRE、UCLA、BARTのような多くの潜在的に大規模な顧客と共に試験段階にあります。Bikeepはまた、スイス鉄道およびLAメトロとの試験計画の開始に積極的な関心を寄せており、ドイツ鉄道からも初期段階の関心を集めています。

Bikeep 2018年の数字

  • 収入:300,000ユーロ
  • 月次経常収益(MRR)は、9,500ユーロに増加
  • 前年同期比で、30%増の287ラック

弊社は再販業者ネットワークの確立に焦点を当て、MRRおよび長期収益には影響するが、年間収益にはそれほど影響を及ぼさないレンタル販売モデルに焦点を変更しました。2018年には、Bikeepはすべての活動に収益のみから資金を供給し、成長への投資能力を大幅に制限しました。

しかし、前述の成長率は依然として達成されており、そのビジネスモデルを証明し、一貫した需要を示しています。2019年1月中に、再販業者はすでに85ラックを確認し、2018年の総売上高の30%を占めていました。

Bikeep_syndicate_図表5

チーム

CEO兼創設者であるKristjan Lindは、Bikeepでの日常業務を担当し、効率的でアクセス可能な民間交通機関としてのサイクリングの確立という同社の使命に情熱を注いでいます。彼は同社の米国での事業拡大に重要な役割を果たしており、米国機関への販売実績があります。出張中、彼はいつも自転車で街を探索し、地元の都市環境、自転車利用を支えるインフラソリューション、そして、拡張への潜在的な課題について学びました。

CTO兼創設者であるMeelis Haidakは、熱心な技術愛好家、サイクリスト、そして、Bikeepスマートラックの発明者です。Meelisは、UAVエンジニアとして彼のエンジニアリングのキャリアを始め、現在はシリアルアントレプレナーです。彼は、Bikeepスマートラック、Barking(車両インフラ用のIoTプラットフォーム)、およびwwwash(洗車用のモバイルアプリ)など、さまざまな製品やサービスの開発を主導してきました。

コアチームは2013年以来、大学で出会い、それ以来ビジネスを発展させてきました。現在、Bikeepには5名の正社員とほぼ同数の非常勤メンバーがいます。

私たちには素晴らしいアドバイザーやパートナーもいます。

  • 著名なテックエグゼクティブ兼投資家のAllan Martinsonが、会社の規模拡大を支援しています。
  • ジョージタウン広報、米国の自治体や大企業との扉を開くのに役立ちます。
  • Krakul OÜは、創業以来私たちと協力し、ハードウェアおよびソフトウェア開発をサポートしてきました。
Bikeep_syndicate_図表6

競合

存在する競争の大部分は、インフラストラクチャー要素のみを持っています(例えば、自転車のレンタル/シェアリングスキーム、自転車用ロッカー、一般的なラック)。都市部サイクリストのモバイルアプリとの競合もありますが、サービス要素とインフラストラクチャを兼ね備えている競合はありません。

個人用駐輪場に類似の製品を提供しているいくつかの会社もありますが、Vade Bikeなどのサービス要素は含まれていません。Bikeepとは異なり、Vade Bikeはバイクの駐車料金を請求しますが、モバイルアプリは含まれていません。ラックを使用するには、ユーザーにVade Bike RFIDカードが必要です。

Giken bike parkingのような他のものは、エンドユーザーに非常に便利な解決策を提供し、彼らのラックは基本部分からカバーも含みます。しかしながら、インフラストラクチャは多くの建設工事を必要とし、非常に徹底的な計画および予算編成プロセスを要求するので、それはまた、はるかに高い価格帯です。Bikeepラックは、路上での実装がはるかに簡単で、そのためはるかに低コストです。

さらに、Bikeepはそれが景観設計にアピールすることを確実にするために、物理的な自転車ラックの審美性と機能性にいっそう重点を置きます。それはしばしば、販売プロセスにおいて重要な役割を果たすことができます。

他の競争相手は次のとおりです。
www.bindio.com
www.urbanminded.com
www.vulcanpost.com/615344/bluetooth-smart-bicycle-rack-hdb
www.cycleport.com.au/about
www.parkentcycles.com/

資本

Bikeepは、これまで2016年に1ラウンドの資金調達しか行っていません(Silver Ventures ABから、100,000ドル(88,000ユーロ))。この資金は、アメリカに事務所を開設し、私たちを事業体として確立するために使われました。今日、私たちは米国市場からの収入の約30%を稼いでいますが、今では地元の営業所の設立と人員の雇用に投資することによって、より確固たる存在感を確立したいと考えています。

今回の資金調達ラウンドの主な目的は、主要都市のタリンという私たちの故郷での成功を再現することです。最初のターゲットはワシントンDC、それからおそらくサンフランシスコ、ロンドン、ベルリン、チューリッヒでしょう。これは私たちが完全に私たちの都市ローンチスケジュールおよび将来的に同じプレイブックに従ってさらにスケールを開発することを可能にするでしょう。

対象地域で深刻な飽和状態が達成され、市の立ち上げスケジュールが策定されたら、さらに20の大都市圏でこのプロセスを繰り返すために追加投資を行うことを目指します。したがって、私たちは2020年後半に再び資金調達ができると期待します。

Bikeep_syndicate_図表7

イグジット

Bikeepは成長に最適化されています。私たちの現在の戦略はより大きなネットワークを確立し、より多くのユーザーを獲得するために短期的な利益を犠牲にすることです。したがって、潜在的な買収者にとってより価値のあるものです。最終的には、Bikeepが販売される可能性がありますが、その時点に達する前に、重要なグローバルシェアを確立したいと考えています。

Bikeepにとって最も望ましいイグジットは、グローバルモビリティプロバイダによる買収です。グローバルモビリティ企業はすでに多くの同様の買収をしています。

  • UberがJump(https://jump.com/)を買収し、BirdまたはLimeの買収を検討中  (Techcrunchによる報告)
  • Lyftは、米国最大のドックベースの自転車共有システムであるMotivateを買収(https://blog.lyft.com/posts/lyft-to-acquire-us-bikeshare-leader)
  • DidiChuxingは、BlueGoGoを買収し、Ofoの主要投資家(https://www.scmp.com/tech/start-ups/article/2126663/didi-chuxing-expand-reach-chinas-bike-sharing-market-acquisition)

リスク

最大の潜在的なリスク要因の1つは、シェアサイクルの人気が高まっていることです。そして人々は自分の自転車としてこれらを使い始めます。

将来的に、人々はまだ自分の自転車を所有しているのだろうか?

はい、次のような理由からそう考えています。

  1. 大多数の人々は、信頼できる交通手段となるのに十分な密度で、自転車共有ネットワークを構築することが困難である郊外に住んでいます。
  2. 日常的に自転車を使用するユーザーは、一般的にシェアサイクルよりも自分の自転車を好みます。
  3. 自転車は、毎日の通勤者が購入できるだけの十分な安さがあり、好みに合わせて調整できます。したがって、個人用自転車の上にシェアサイクルを使用することは、必ずしもコストを削減する要因ではありません。
  4. 十分な耐久性を確保するために、シェアサイクルはかさばる傾向があり、したがってユーザーにとって使い勝手が悪くなります。

大企業が独自のシステムを開発できないのはなぜですか?

私たちはこれが起こると予想しています、しかし、総市場規模は多くのプレーヤーにとってこの分野で活動するのに十分大きいです。約20年前、都市通勤への新しいアプローチを推進している企業がほとんどなかったときに、シェアサイクル市場でも同様の動きが見られました。今日、シェアサイクル市場で250社以上の企業が活動していますが、まだまだ余裕があります。私たちの市場でもより多くのプレイヤーを受け入れるための需要があります。

競合他社が計画を展開している間、Bikeepは利点を得ています。ある都市にステーションネットワークがいったん確立されると、Bikeepの確立されたインフラストラクチャーのために競合他社が参入するのは難しいです。この意味では、Bikeepは先行者利益を得ています。

その他

Bikeepに関するいくつかの報道。

 

このページは、Funderbeamウェブサイトに掲載されているキャンペーンページを日本語に翻訳したものです。
注意:誤訳のないようチェックを行っておりますが、内容の相違や誤訳により損害等が生じた場合でも、Funderbeam及び投稿者、情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。誤訳等がある場合、ご指摘いただけると幸いです。
This page is a translation of the company profile of each investment destination on the “INVEST” page of the Funderbeam website.
Notes: We do checks to avoid mistranslation, but Funderbeam, contributors and information providers are not responsible for any damage, etc. caused by the content of translation. All decisions concerning investment should be made at the discretion of the user himself. If there is a mistranslation etc., We will be pleased if you can pointing out.

注意:当ウェブサイトは、Funderbeamマーケットに関する情報提供を目的としています。なお、Funderbeamからの作成・検証はございません。
Notes:This website is aimed at providing information about Funderbeam’s marketplace. This page is not created or verified by Funderbeam.