Syndicates

Autolevi Syndicate

私たちは、車の所有者のために車にかかる支出を減らし、車を借りたい人のためには、家の近くで手頃な価格と柔軟な条件で適切な車を見つけることができるユニークなチャンスを提供します。

  • 被投資会社:Autolevi OÜ
  • 種類:株式
  • 本部所在地:エストニア

はじめに

シェアリングエコノミー市場が爆発的になり、結果的に「もの」を所有する社会の姿勢は低下しています。都市における自動車所有コストは増加しています。

したがって、Airbnbのようなサービスから臨時収入を得ることは、個人にとってより魅力的になっています。ユーザーの意識とローカル賃貸の支持も増えています。

人々はしばしば、成功したビジネスを実行し、環境に有益な影響を与えることは、矛盾する2つの目標であると考えています。一方、私たちは、お金を稼ぐと同時に、環境を緑の自然環境につなげることが可能であると信じています。

Airbnbと同様に、既存のリソースを合理的に使用したいと考えています。この旅に参加し、あなたの生活環境をより緑に変えてください。

問題

現在、近隣のレンタカー市場は十分にサービスされていません。同時に、大量の車のほとんどが休眠しています。たとえば、エストニアには60万台を超える自家用車と63万人以上の運転免許証所持者がいます。

すでにご存じのように、自動車は汚染、交通渋滞、パーキングの問題などを引き起こします。昨年米国で実施された調査によると、1台分の共有車で、路上にある5から15台の車の削減につながる可能性があることが示されました。

車の所有者は毎日の費用(すなわち減価償却費)を負担しますが、その時間の8%しか車を使用していません(車は仕事のために1時間運転され、1時間は通勤のために使用されることが前提になっています。;車の使用率は24時間のうち2時間=〜8.3%)。

私たちは、車の所有者の費用を削減し、賃借人のためには、手ごろな価格とフレキシブルな条件で近くで適切な車を見つける、ユニークなチャンスを提供しています。私たちのビジョンは、賃貸人が完璧な作り、モデル、色彩の車を、徒歩5分以内に見つけることができるようにすることです。

ソリューション

私たちの環境をより持続可能で費用効果の高いものにするために、我々はピアツーピアのレンタカープラットフォームであるAutoleviを開発しました。それは、個人的な車を借りるための簡単で安全な方法です。

車の所有者に対して、私たちは、貸借人の選別、世界クラスの契約、ピアツーピアレンタカー保険、マーケティング、レンタル関連のすべての活動(契約、取引履歴、フィードバック、レンタル歴、通知システム、その他の重要な機能を含む)を管理するための使いやすい市場を提供します。私たちと一緒に、オーナーは臨時のお金を稼ぎ、車の経費を減らすことができます。

賃貸人のために、私たちは市場の完全な概要を得るための使いやすいソリューションを提供します。私たちは、近くの場所で手頃な価格とともに、車の広いセレクションを持っています。

賃貸人は、デポジットなしで予約した車を手に入れることが期待できます。これには、24時間年中無休で利用可能な、シンプルで迅速、そして便利なレンタルプロセスが含まれます。賃貸人は、以前の交通問題を解決しつつ、環境への配慮と倹約できます。

Autoleviは、25%の取引手数料から収入を得ます。

市場

Autoleviの目的は、ヨーロッパで成功したピアツーピアレンタカー会社(スカンジナビアとバルティックで初の)になることです。これらの市場に対応するために、私たちはエストニアの自国市場から始め、近い隣国(フィンランドとラトビア)に事業を広げました。私たちは使いやすく統一されたソリューションで、旅行者や地元の人々に提供するため、この戦略を策定しました。

私たちは、約120億ユーロ相当の欧州のレンタカー市場をターゲットにしています。当初は、フィンランド、スウェーデン、エストニア、ラトビア、リトアニアの5つの欧州市場をターゲットにしており、推定市場規模は約5億ユーロです。

私たちは、エストニア、フィンランド、ラトビアの3つの市場に既に参入しており、見積りによれば、求めることができる総市場規模は1億5000万ユーロです。私たちは、サービス可能な市場規模が約7500万ユーロであると考えています。

目標は、各市場における活動の最初の5年間で、2〜10%の市場シェアを達成することです。2024年末までに、年間売上総利益が200〜1200万ユーロに達すると予測しています。

短期ロードマップは、エストニア市場の可能性を最大限に引き出すことに重点を置いており、他の市場に移行する前に、フィンランドとラトビアの市場シェアを拡大することに重点を置くことです。

トラクション

現在、フィンランド、エストニア、ラトビアで事業を行っています。賃料は、時間、日、週、または月単位で請求することができます。実際には、2015年から623,000ユーロ相当のレンタル料を転貸しており、Autoleviは25%を請求しています。

しかしながら、Autoleviは、エストニア市場において、発足から(2013年)100万ユーロ以上の価値がある、それぞれのレンタルリクエストを受け取りました。

2017年9月から2018年8月までの月間の前年比成長率は11%〜125%の範囲でした(1年目から2年目までの任意の月の結果を比較)。この期間、Autoleviの月次平均収入は20,408ユーロ、純売上高は4,251ユーロ、費用は7,752ユーロでした。

最後の最盛期(2018年6月〜8月)では、Autoleviの月次平均収入は35,550ユーロ、純売上高は7,406ユーロ、費用は7,686ユーロでした。

フィンランド、エストニア、ラトビアでの成長を加速させるためには、コンバージョン率を上げて市場を拡大するための具体的な活動にもっと投資する必要があります。たとえば、Autoleviがすべてのレンタルリクエストを満たすことができる統計的確率を高めるために、多数の車の予約フォームを学習するマシンを開発する予定です。

Autoleviには、車の所有者と借り手の2種類のユーザーがいます。2018年10月現在、合計22,600人以上のユーザーを持っており、そのうち4,800人以上がプラットフォームから車をレンタルし、1,400人以上が登録された自動車所有者です。

現在までに、自動車所有者はAutoleviで、3万日以上の期間にわたって車を賃貸しており、借り手と8,000回以上、物理的に会っています。

Autoleviユーザーの体験に関する2つの面白いメディアのストーリーがあります。

1つ目のストーリーは、自動車所有者のIndrekが、Autoleviを使用して彼の経験を共有した、ETV(エストニアの公共放送)の経済特化テレビ番組 “Kapital”からの話です(20:35から開始)。

2つ目のストーリーは、エストニアのよく知られたビジネス新聞のÄripäevです。架空のキャラクター「Investor Toomas」の背後のチームは、Autoleviを使い車を賃貸して、臨時の収入を得た経験を共有しています。

以下の表では、予約はユーザーの需要に基づく潜在的な取引の価値を示し、レンタルは発生した収益の合計(そのうちの25%がAutoleviに支払われる)を参照しています。過去の掲載結果データは、将来の結果を保証するものではないことにご注意ください。

チーム

コアチーム

Tauri Kärson(創設者、CEO) – Tauriは、5年以上のITとP2Pの経験、そして、9年間のスタートアップコミュニティの経験を持っています。彼は9年以上にわたって営利および非営利団体を管理してきました。Tauriは、ビジネスの革新と開発、分析、管理、および販売において豊富な経験を持っています。彼はまた、エストニア2017年の、TOP10ベストヤング・アントレプレナーにも選ばれました。フリータイムでは、彼は自分の車を賃貸して、ヴィンテージとクラシックなバイクを集め、他の起業家/企業にコンサルトをします。

Simo Sulev(共同創業者、ソフトウェアエンジニア) – 経験豊富なフロントエンド開発のプロフェッショナルです。SimoはErplyとNewtonの元開発者です。彼は、サーバーとWebアーキテクチャ、PHP、JavaScript、HTML/CSS、Web(戦略、デザイン、マーケティング)を知っており、5年以上の経験を積んでいます。

Kaspars Salenieks(ラトビアマーケットマネージャー) – 彼の密かな願いは、少なくとも世界をより良い場所にすることです。それが、彼がAutoleviのために働く理由です。Kasparsは幅広いネットワーク、積極的な姿勢、長年の経験とビジネスの成長方法に関する知識を持っています。

オープンポジション(フィンランドマーケットマネージャー) – ファイナンシングラウンドが終了した後、フィンランドのローカルマーケットマネージャーを雇用します。このポジションを埋めることは進行中であり、すばらしい候補者に開放されています。

創設者と頭脳集団

Emilie Toomela(マーケティング&コミュニケーションアドバイザー) – コミュニケーション戦略、PR、マーケティング組織を担当しています。彼女は以前の職位から、PR、コミュニケーション、マーケティングについての経験と知識を持っています。現在、エストニア経済省のPRアドバイザーです。フリータイムでは、フリーランスで記事を書いてラジオ番組をやっています。

Marek Lints(ソフトウェア開発アドバイザー) – 彼は14年の経験を持つ開発者です。Marekは主に、NETプラットフォーム(6年)とJava Springフレームワーク(3年)に関連するプロジェクトに携わってきました。また、Python Flask、Oracle UCCS(PL/SQLを含む)、Embperlについても十分理解しています。

Robert Sarv(共同設立者、弁護士) – 10年の経験を持つ私たちのすごい弁護士。ワールドクラスの契約でユーザーを保護します。

競合

Autoleviは、エストニアとラトビアの市場において直接競合する企業はありません。しかし、いくつかの間接的な競合があります。たとえば、地元のバスや電車の交通機関、従来のレンタカー、タクシー会社など。

  1. 従来のレンタカー会社:1autorent、ABC rent、Apluss、Europcar、Avis、Hertz、Sixtなど。
  2. 短期レンタカー会社:24rent、Sunfleet、Elmo rent、Bilkollektivなど。
  3. ヨーロッパのピアツーピアレンタカー会社には、Drivy(フランス)、Snappcar(オランダ&スウェーデン)、Share It Blox Car(フィンランド)などがあります。

当社の主な競争優位性は以下のとおり

  • デポジットなし
  • 幅広い車種
  • 手ごろな価格
  • 予約した車の正確な受け取り
  • 賃貸人にとって近い場所
  • 環境にやさしい
  • 簡単、迅速かつ便利なレンタルプロセス
  • フレキシブルで24時間利用可能
  • 料金に含まれるクールでおもしろい設備

資本

私たちはAutoleviを4年の間、独力で効果を上げてきました。エストニアでコンセプトを証明した後、2017年に、最初のシードラウンドで6万ユーロを調達しました。私たちの最新ラウンドは、エストニアのエンゼル投資家であるKuido Lepik、Kaspar Hanni、Andrus Valmaによって資金提供されました。

Kuido Lepik – Kuidoは起業家としての道を、販売における日々の仕事と共に開きました。今、25年後、彼は経験豊富な起業家、ビジネスオーナー、ビジネスエンジェルです。彼は20以上の新興企業に投資し、エストニアのビジネスエンジェルネットワーク(EstBAN)によって、 “The Business Angel of 2015″を授与されました。Kuidoは、販売、財務計画、管理、およびビジネス開発からAutoleviの知識をもたらします。

Kaspar Hanni – Kasparはビジネス開発のコーチング、スタートアップ起業家のアドバイス、アーリービジネスアイデアの実験を行っています。以前は、KasparはThe BalticsのMicrosoftのエンタープライズ販売組織を担当していました。以前の経験には、ビジネスマネジメントとコンサルティングが含まれます。彼の以前のバッググラウンドは、コミュニケーションソフトウェアとオペレーションです。エストニアのビジネスエンジェルネットワーク(EstBAN)が、2016年の”The Business Angel of 2016″として与えました。Kasparは、ビジネス開発、販売、パートナーシップ、ソフトウェア業界からAutoleviの知識をもたらします。

Andrus Valma – Andrusは、15年以上にわたり様々な役割を担い、自動車事業に携わってきました。販売代理店として始め、現在は、エストニアのTOP3の長期リース・プロバイダーであるRentestの株主およびCEOです。Andrusは、自動車販売、賃貸、リース、保険業界からAutoleviの知識をもたらします。

これらの資金は、主に商品開発(よりユニークなブッキングに変換するため)と、いくつかのマーケティング関連ソリューション(自動メールマーケティングなど)の開発に使用されました。これにより、当社は牽引力を急速に高め、前年に比べて大幅にレンタル料を増加させることができました。

このラウンドの資金は主に以下の活動に使用されます。

  • 良いアイデアが気付かれないようにするためのマーケティング(即ち、需給管理システム)
  • Autoleviプラットフォームの開発(即ち、検索エンジンのスピードアップ)
  • 顧客サポート(即ち、フルタイムカスタマーサポートと自動サポートプロセス)
  • ビジネス開発(即ち、フィンランドのマーケットマネージャー)

最低資金調達目標のゴールは次のとおりです。

  • エストニアで自立的な事業を展開する(2019年12月までに月収を50%増やすことを目標)
  • フィンランド市場における意味ある歳入(2019年7月までに10,000ユーロを創出することを目的とする)

最大の金額を調達した際のゴールは、以下の意味のある収益を上げることです。

  • フィンランド市場(2019年7月半ばのレンタル総収入150,000ユーロ)
  • ラトビア市場(2019年7月半年のレンタル総収入50,000ユーロ)

イグジット

私たちは、急速に成長し、差をつけ、今後2〜5年以内に大きな利益を得ることを目指してAutoleviを築きます。

配当

年間の業績や運転資本の要件を含む多くの要因や仮定に応じて、私たちは分配可能な利益を払う立場にある2022年から配当を開始することを目標としています。

IPO

可能な出口シナリオの1つはIPOでもあり、Autoleviが年間750万ユーロの年間レンタカー売上高を達成している確立された会社であるときには、さらに詳しく検討します。

売却

私たちはすでに、最近買収されたいくつかのピアツーピアレンタカー会社を目の当たりにしています。良い意味では、Autoleviも販売されています。

シェアリングエコノミー市場は活況を呈しており、ある時点で統合が検討される可能性が高いです。Autoleviの創業者は、以前にSnappcarとDrivyの創業者と会っており、買収の可能性のある案件に関心を示していました。私たちは進歩と学習の上でお互いにフォローアップするために、定期的に彼らと接触しています。

市場における買収と統合
  • Snappcarの買収 – Minbildinbil(デンマーク)、Flexidrive(スウェーデン)、Tamyca(ドイツ)
  • Turoの買収 – Wheelz(サンフランシスコ)、Croove(ドイツ)
  • Drivyの買収 – Buzzcar(フランス)、Autonetzer(ドイツ)

リスク

Autoleviはエストニアの市場でうまく機能します。私たちはラトビア市場で良好なトラクション(牽引力)を発揮し、現在フィンランド市場でトラクションを発揮しています。

私たちの主なリスクは、車をすばやく見つけることができないがために、プラットフォームを離れる賃貸人であると考えています。継続的な製品開発を避けるために、私たちは、車の所有者にプラットフォームを使用する方法を教え、従来のレンタル会社とのパートナーシップを確立して、賃貸人のために車をより迅速に提供できるようにしています。

また、賃貸人が自動車を損傷した場合、Autoleviには評判に関しての危険があるとも考えています。このリスクを管理するために、私たちは常に賃借人のバックグラウンドチェックを実施し、発生した損害に対して責任を負わない人は避けています。

さらに私たちは、自動車所有者が負担する費用をカバーするために、ピアツーピアレンタカー保険を開発した。

最後に、私たちは自らの経験とAutoleviユーザーから直接フィードバックを得て判断し、常にリスクを監視し、管理しています。

その他

私たちはさまざまな組織や競技会で授与され育てられました。

  1. Tehnopol Startup Incubatorへ参加することに選ばれました – 2015年
  2. Chivasピッチングイベントでトップ5社になりました – 2015年
  3. The Finland Nestholma Nordea business accelerator入り – 2015年
  4. Atoleviは、The TOP20 Estonia’s most promising start-upに選ばれました – 2016年
  5. 創業者のTauriKärsonが、TOP10 Young Entrepreneur 2017に選ばれました
  6. Autoleviは、EstBAN、ContriberおよびStartup Includerによって組織されている
  7. Estonia’s startup competitionのTOP12に選出されました – 2017年
  8. TechChill Founders’ Battleファイナリスト – 2018年

今、Autoleviに参加するチャンスです。このキャンペーンは1カ月間のみ有効です。Autoleviのコンセプトが好きな人は、このキャンペーンを友人と共有して、このような素晴らしい機会を逃さないようにしてください。

Autoleviに投資し、生活環境をより緑にして収益を上げてください。

 

このページは、Funderbeamウェブサイトに掲載されているキャンペーンページを日本語に翻訳したものです。

注意:誤訳のないようチェックを行っておりますが、内容の相違や誤訳により損害等が生じた場合でも、Funderbeam及び投稿者、情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。誤訳等がある場合、ご指摘いただけると幸いです。

This page is a translation of the company profile of each investment destination on the “INVEST” page of the Funderbeam website.
Notes: We do checks to avoid mistranslation, but Funderbeam, contributors and information providers are not responsible for any damage, etc. caused by the content of translation. All decisions concerning investment should be made at the discretion of the user himself. If there is a mistranslation etc., We will be pleased if you can pointing out.

注意:当ウェブサイトは、Funderbeamマーケットに関する情報提供を目的としています。なお、Funderbeamからの作成・検証はございません。

Notes:This website is aimed at providing information about Funderbeam’s marketplace. This page is not created or verified by Funderbeam.