News

[北欧] 注目のスタートアップを紹介!スウェーデン編

さて、今回ご紹介するスウェーデンですが、その首都ストックホルムは、人口約90万人でありながら、人口一人当たりのユニコーン企業の数がシリコンバレーに次ぐ存在だそうです。

さらに、なんと北欧のスタートアップの54%が、そのストックホルムから生まれているそうです(2016年)。世界でも有数のユニコーン企業の数が多いスタートアップ都市なんですね。

ちなみに、ユニコーン企業とは、企業価値が10億ドルを超えているのに上場をしていない企業のことです。

その理由は、スタートアップの育成とエコシステムの構築を推進している、産業イノベーション省(Ministry for Enterprise and Innovation )。大企業、スタートアップ、教育を結びつけ、このエコシステムを実現しています。

それでは国の基本情報や最新ニュースとあわせ、注目のスタートアップを紹介していきます。

基本情報

スウェーデン王国は、北ヨーロッパにあるスカンディナヴィア半島に位置し、北東にフィンランド、西にノルウェー、南西にカテガット海峡を挟んでデンマーク、東から南にはバルト海があります。

同国はEU加盟国ですが、通貨はスウェーデン・クローナ(SEK)。人口は約1012万人(2017年12月)で、立憲君主制の国です。

首都はストックホルム。公用語はスウェーデン語ですが、第2公用語と言っても良いくらい英語を話す人口の割合が世界でも最も高い国です。

日本からの飛行機は、コペンハーゲン(約11時間半)かヘルシンキ(約10時間半)を経由し、どちらからも約1時間半で行くことができます。

スポティファイが音楽著作権のビッグデータ企業を買収

スウェーデンに本拠を置くスポティファイは、デジタル音源や携帯の着信サウンド、CD・レコードの配信権利処理を自動化する「Loudr」(サンフランシスコ)を買収。

個々の楽曲に適正な料金を楽曲の権利者に支払うための作業が膨大であり、今回の買収で著作権がらみのトラブルの解消を図っていく。

スポティファイは、今月4月3日に米ニューヨーク証券取引所に上場を果たしています。

注目のスタートアップ10社を紹介!

スウェーデン生まれの有名な企業として、アパレルメーカーのH&Mや家具大手のIKEAなどのグローバル企業が挙げられます。日本でも馴染み深い企業ですよね。

それでは、世界で存在力を高めるスウェーデンのグローバル企業に続く、注目のスタートアップ10社を紹介していきましょう。

1.Bima

http://bimamobile.com/

BIMAは、世界中の何百万人もの家族に、簡単で手頃な価格のモバイル配信による保険を提供している、世界有数のマイクロ保険会社です。

製品は、以下の15市場で2,000万人以上の顧客に販売されています。アフリカは、ガーナ、タンザニア、セネガル、ウガンダ。アジアは、バングラデシュ、スリランカ、インドネシア、パキスタン、フィリピン、パプアニューギニア、カンボジア。ラテンアメリカは、ホンジュラス、ハイチ、ブラジル、パラグアイ。

2014年4月、BIMAはカンボジアでマイクロ保険免許を取得し、手頃な価格でアクセスしやすい生命保険と個人障害保険を提供し始めました。今日、BIMAは、さまざまな製品に60万人以上の登録顧客を抱え、事故、死亡、入院保険を提供しています。

2014年8月、Smart Axiataと提携し、同国初のモバイル配信による生命保険を提供。2016年3月、入院時の金銭的な支援を提供するためにスマート入院保険を開始。

これまでに50万人を超える人々がスマート保険に登録し、予期しない事態が発生した場合に家族が財政的に保護されるようにしています。

2.Saltside Technologies

http://saltside.se/

Saltside Technologiesは、新興市場でウェブサイトを開発、運営しており、オンラインクラシファイドサイト(インターネット広告の形態の一つ)に焦点を当てています。

現在、スリランカ、バングラデシュ、ガーナ、ナイジェリアでトップクラスのサイトを運営しています。

これらの国々では、大多数の人々が未だに、オンラインを経験していません。そのため、新興市場向けの価値のあるオンライン製品やビジネスを構築する絶好の機会があるとみています。

手頃な価格の携帯電話端末やインターネットへのアクセスは、今後数年間において、初めてのインターネット体験を可能にします。そのときは、高品質のサービスと優れたエンドユーザーエクスペリエンスによってユーザーを歓迎すべきだと同社は考えています。

3.Na-Kd

https://na-kd.com/

NA-KDは、世界でもトップクラスのファッションカンパニーの1つであり、さらにヨーロッパのトップ20の急成長企業の1つです。

同社は、2015年に生まれ、業界で最も情熱的で才能のある従業員と50年にわたる総合的な知識をもっており、世界中で最もホットなファッショントレンドを作っています。

4.Soundtrack Your Brand

https://www.soundtrackyourbrand.com/

Spotify Businessは、商業および公共の場においてライセンスされた、Soundtrack Your Brandによって提供されるサブスクリプションベースの音楽ストリーミングプラットフォームです。

あらゆる規模のビジネスをサポートし、顧客のニーズに適応します。オンラインで世界中のどこからでもサウンドをコントロールできます。

5.Albireo

http://www.albireopharma.com/

胃腸疾患治療薬の開発。Albireoは、独立したバイオテクノロジー企業で、胃腸(GI)領域において、果たされていない医療ニーズを満たす医薬品を開発するために、ユニークなトランスレーショナルアプローチをもたらします。

同社のチームは、主にGI領域の薬物開発において幅広い経験を持ち、国際的な科学および臨床的コミュニティに幅広いネットワークを持っています。

6.Natural Cycles

https://www.naturalcycles.com/en

Natural Cyclesのアイデアは、創業者のElinaとRaoulが自然避妊の効果的な方法を模索していたときに起こりました。

彼らは、長年にわたり物理学の研究で活躍していましたが、彼らはその知識を、高度な数学とデータ分析に適用し、ニーズを満たすソリューションを開発することに決めました。

その結果、排卵を正確に検出し予測し、女性の周期で、妊娠しやすい日を特定するアルゴリズムが得られました。

最初はアルゴリズムを独自の目的で使用しましたが、すぐにこれは女性の間で、満たされていない大きなニーズであると気づき、モバイルアプリを開発することに決めました。

今日、アプリを使用している女性は50万人を超えています。

7.Trustly Group AB

https://trustly.com/en/

Trustlyは、オンライン決済ソリューションを開発および販売するテクノロジー企業です。

同社は、オンラインバンキングの電子決済を可能にし、商店主、消費者、銀行の皆様にとって、可能な限りシンプルで安全なオンライン決済を実現します。

8.Magine

https://magine.com/

Magineは、顧客の視点からテレビを新たに想像し、より多くの視聴者が、どのように、どこで、いつ、愛するテレビを消費することができるのか、見つけることを望んでいます。

同社は、とても大きな夢と熱狂的な野心を持っており、人々がテレビをもっと愛せるように努力しています。

9.Min Doktor

https://www.mindoktor.se/

Min Doktorは、医師のオンライン診察を24時間体制で提供しています。顧客の条件から経験豊富な医師と会えるようにすることで、健康管理を可能にします。

10.Kry

https://kry.se/

患者はこのアプリで、場所に関係なく、医師と普通に会うように、アドバイス、投薬の処方、紹介をすぐに受けることができます。

KRYは、患者がビデオで医師と会い、身体検査を必要としない問題の助けを得ることを可能にします。医師は、アドバイス、処方箋、病気証明書、介護者の紹介、または実験室の試験に役立ちます。

同社は、より平等でアクセスのしやすい医療というビジョンから始まりました。新しい技術と優れた医療能力を組み合わせることで、将来のためのプラットフォームを構築しました。

まとめ

今回は特に、医学系のスタートアップが目立ちました。

というのも、ストックホルムには、医学系の単科教育研究機関としては世界最大と言われるカロリンスカ研究所があり、ここはノーベル生理学・医学賞の受賞者を決定する機関でもあります。

新しい未来の医療を創っていくという気概が、この国全体に大きく感じられます。

次に、マイクロ保険会社「Bima」。こちらは他のスタートアップと比較し、飛び抜けて企業価値が大きく驚きました。ストックホルムに本社を置いている同社は、新興国を中心に誰もが簡単に保険に入れる世界を実現し大きく展開しています。

このように成長を続けるスタートアップ都市には、強大なスタートアップエコシステムが存在し、プレイヤーがとにかく多いということです。今後、日本が成長していくためには大企業信仰を捨て、スタートアップエコシステムの構築を積極的に行う必要があると考えます。

 

※記事は個人的な見解であり、これらの企業または企業が提供するサービス等との関連はございません。
注意:誤訳のないようチェックを行っておりますが、内容の相違や誤訳により損害等が生じた場合でも、Funderbeam及び投稿者、情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。誤訳等がある場合、ご指摘いただけると幸いです。
Notes: We do checks to avoid mistranslation, but Funderbeam, contributors and information providers are not responsible for any damage, etc. caused by the content of translation. All decisions concerning investment should be made at the discretion of the user himself. If there is a mistranslation etc., We will be pleased if you can pointing out.

注意:当ウェブサイトは、Funderbeamマーケットに関する情報提供を目的としています。なお、Funderbeamからの作成・検証はございません。
Notes:This website is aimed at providing information about Funderbeam’s marketplace. This page is not created or verified by Funderbeam.